menu
  1. 女性特有の性器の悩み
  2. 性行為における悩み
  3. 性器の病気を治療する方法
閉じる

性器の悩み解決ナビ

当サイトであなたのお悩み解決!

性器に異常を感じたとき、人には相談しずらいですし病院に行くのも抵抗ありますよね。もし、なんともないのに診察に受けたらただ恥ずかしい思いするだけなんじゃないかと思う方も多いはずです。そんな人のために事前にこのサイトで性器の悩みについて理解を深めましょう。

性器に関する様々な病気

悩む男女

性器の悩みや性器に関する様々な病気は他人に相談するのは恥じらいを感じてしまって、なかなか解決できないでいる人が多くいます。
例えば、男性の性器の大きさや包茎などで悩んでいる人は多くいます。
また、クラミジアやヘルペス等男女を問わず性器に痛みや痒みを感じたり、そこまでひどくない違和感を感じていたり匂いが気になったりといった、病気が疑われる場合でも相談しにくという人が多くいます。
病院や医院に受診するにしても、他人の目に触れないで受診することは不可能ですし、医師には診察を受ける関係上、対面しないわけにはいきません。
だからと言って性器の悩みや性器に関する様々な病気を解決しないでいるのは、心身共に悪影響がでます。
もし、病院や医院に受診することに対して敷居が高いと感じているのであれば、ちょっとした悩みや病気であれば、自分でも解決することができるのです。
何故ならば薬局やドラッグストアで医薬品を購入し治療することができることも多くあるからです。
また、薬事法の改正に伴い、お店で医薬品を購入するのが困難である場合にはインターネットでの購入も可能な商品が増えています。
国内の薬局やドラッグストアで医薬品を購入する場合には、副作用が生じても国内の救済制度が利用できますので安心です。
インターネット販売の中には個人輸入の代行という形でヘルペスやクラミジアの薬であるバルトレックスやジスロマック等の医薬品通販を使い購入できるサイトもあります。
その場合、このような国内の救済制度が利用できませんので注意が必要です。
しかし、個人輸入の代行のほうが購入できる医薬品の数も多く、自己責任で責任が持ってるのであれば、利用することも検討する価値があります。
日本では病院などで受診してからではないと手に入れることができない医薬品でも、個人輸入ならばインターネットで手に入れることができるので利用価値があります。

性病を放置した場合の悪影響

診察を受ける女性

性交渉などが原因で性病になる方もいるでしょう。性病になってしまうと、恥ずかしい気持ちがあったりするとつい病院に行くのが遅れてしまったり、症状が出ているにもかかわらず放置してしまいがちです。
しかし、性病が発症して放置してしまうのはあまりよくありません。放置してしまうことで、症状が悪化してしまい、痛みやかゆみなどがどんどん酷くなってしまうこともあり、またその状態で治療をしても治療期間が長引いてしまうことにもなりかねません。
また、発症状態の場合、性病の種類によっては二次感染の可能性もでてきてしまいます。
そのため自身だけの問題ではなく、一緒に暮らす家族や、恋人などにも性病を感染させてしまうこともあるので、放置せず医療機関などで治療を受けるようにすることが大切です。
また、発症後の状態は自身の免疫力が低下している状態の場合が多いため、症状から早く回復したい場合には、生活習慣を規則正しく健康的な生活をするよう心がけていくことで、早期回復を目指していきましょう。
治療が済み症状が治まっても、再発する危険性も捨てきれません。
再発を防止するためにも、ウィルスの活性化をさせないように免疫力を維持していくことは、重要なポイントといえるでしょう。
食生活で栄養の補えるバランスのよい食事や健康的な生活習慣をしっかりと身につけ、日々、健康に気をつかい生活していくといいでしょう。
睡眠不足にならないように睡眠時間を確保することや、運動不足にならないように、適度な運動をする習慣を取り入れていくことも大切です。
ホルモンバランスや自律神経などの乱れにつながらないように、ストレスを溜め込まないような生活環境を整えるのもいいでしょう。

性病の自覚がない場合

性病はパートナーと性行為をすることによって、細菌、真菌、ウイルスなどといった病原体が体内に侵入したことが原因となって起きるものですが、実のところ、このような病原体の感染があったとしても、かならずしも性病を発症してしまうとはかぎらないものです。
免疫力が強ければ、侵入した細菌などは白血球に捕捉されて、そのまま消滅してしまうといったことがありますし、また、発症しないまでも、体内で長時間にわたって細菌などが潜伏しており、体力が低下したときをみはからって発症するといったこともあります。
さらに、性病を発症してはいるものの、その症状がきわめて軽微なために、本人が自覚することができないといったことも、それほど少ないわけではありません。

たとえば、排尿のときに軽い痛みがあるとか、おりものの量がいつもよりも増えている性器から粘液のような分泌物が出る、あるいはかぜをひいたときのような微熱、頭痛、体のだるさがある程度だったりということです。
性病の種類によっては尿道や前立腺に悪影響を与える場合や神経系を脅かす場合もあります。
その結果として排尿のときに痛みが出るのですが、前立腺に異常が出た場合は、尿のキレがわるくなり頻尿になることがあります。
知らず知らずのうちにトレイに行く回数が増えているといったことも性病に感染しているときによくみられるパターンです。
こうした本人が無自覚な場合には、そのまま放置していると、病原体がますます他の部位に拡散して、やがては大きな病気になってしまうこともあります。 そうではなくとも、少なくとも別の性行為のパートナーに感染させてしまうといった危険性をもっているものです。
自覚はなくても性病に感染したのではないかという不安がある場合には、まずは病院に行って血液検査や分泌物の検査などをしてもらい、感染の有無をたしかめるというのが、もっとも望まれる方法であるといえます。
また、最近では自宅に郵送してもらえる性病の検査キットのようなものも出回っていますので、こうしたキットを使って個人で調べてみるというのも適切といえるでしょう。

ピックアップ記事

  1. 性病は基本的に適切な治療さえ行われれば完治させることが可能です。早い段階で病気の感染に気付き、そして…
  2. 近年では、デジタル化が急速に進んでいることもあって、情報がそこかしこに溢れるようになり、性行為を行う…
  3. 女性の性器の病気では、近年は淋菌感染症やクラミジア感染症、トリコモナス症、性器ヘルペス、カンジダ症な…
ページ上部へ戻る